Bookmarks for 2009-2-2


[pukiwiki]
**Links for 2009-2-2

– [[asahi.com(朝日新聞社):しょうゆなどサイズ小さめに 適量・割安で販売増狙う – 食と料理:http://www.asahi.com/food/news/TKY200902010102.html?ref=rss%5D%5D – 香が命のしょうゆを大瓶で買ってはいけません。
– [[これを読んで怒りを覚えるあなたは・・・ ビジネス-最新ニュース:IT-PLUS:http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=MMIT33000026012009%5D%5D – 現在の日本の政治、経済のリーダーと官僚に対して「皆さんが邪魔なんです。これ以上日本を駄目にしないでください。英断を下して下さい。」と言っている。その根拠は、「社会は急速に変化している。市場も大きく変動している。」だそうだ。
~愚かさがこんなにはっきりとした形で具現化するものだろうか。その勇気は称える。今、求められているのは、人間らしく生きていく暮らしではないのか?オバマのCHANGEは、現在の非人間的な情勢にNOとつきつけ、良識のある、優しい社会を取り戻す動きではないのか?
~この人の議論からは方向性というものがまったく見えないから、的外れなコメントなのかもしれないけれども、ここだけの文脈からこの人の優しさというものが見えない。ぼくの本能がこの人をひどく嫌悪している。
– [[ネットの年賀事情 – CNET Japan:http://japan.cnet.com/print/0,2000080637,20387421,00.htm?u=/cnet/2006/marketing/story/0,3800080523,20387421,00.htm%5D%5D – ミクシィ年賀なんていうサービスがあったんだ。知らなかった。便利かも。
~それにしても「これは、本名、住所を知らないマイミクシィ(マイミク)にでも実際の年賀状を送ることの出来るサービスである。」だって。本名を知らないけれど、年賀状を送りたいというのはすごいなぁ。時代は変るのですね。
~遅られた相手は「受け取りを希望するなら自ら名前、住所を入力すると実際の年賀状が配達されるというもの」だって。この仕組みスパム年賀状を避けるためなのかもしれないけれど、おじさん的には寂しい人が自分に手紙を出してる感があって侘しいような気がします。
– [[「Gmail」の大きな機能向上–オフライン機能を解説 – CNET Japan:http://japan.cnet.com/print/0,2000080637,20387318,00.htm?u=/cnet/2006/special/story/0,2000056049,20387318,00.htm%5D%5D – Gmail が Google Gears に対応してオフラインで利用できるようになった
– [[企業に届くメールの約90%はスパム–Panda Security調査 – CNET Japan:http://japan.cnet.com/print/0,2000080637,20387414,00.htm?u=/cnet/2006/news/sec/story/0,2000056024,20387414,00.htm%5D%5D – 90%はスパム、1%がウィルスに感染
内訳は32%が製薬関係、20%は精力剤、偽物ブランド品は減少している。

[/pukiwiki]

Bookmarks for 2009-2-2」への2件のフィードバック

  1. ご無沙汰しております。プログラム解析の試作ツールが一応出来たのでちょっとした実験をネタに論文を書きまくっております。

    > この人の議論からは方向性というものがまったく見えないから、的外れなコメントなのかもしれないけれども、ここだけの文脈からこの人の優しさというものが見えない。ぼくの本能がこの人をひどく嫌悪している。

    色々な事情で追い込まれてしまった京都時代の知己に対して、ただ慰めてあげる事しか出来ない無力な自分も同じ嫌悪感を共有しております。人間は使い捨ての労働力じゃないんだYO!この人のほかの記事を読めば脇田さんの本能が正しい事が良く分かります。

    同じ事を思う方は他にもいるようで、この経営者様の別の記事に
    ( 「恵まれた国ニッポン、今こそリスクをとって飛躍しよう」 
    http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=MMIT33000014012009&cp=1 )
    対してこんなコメントを付けるページが…
    http://blog.goo.ne.jp/kanime_korea/e/974c6da1760a1094b1085656e9e3e3e0

    ネタ元の記事本文では

    > 個人。甘えを捨てるときがついにきた。自信のない経営者は身を引こう。チャンスのない若者は次に備えよう。やるべきことは山ほどある。勉強したければそこら中に社会人大学・大学院がある。

    と、ちゃんと大学の宣伝をしているわけであります…いやあ、なんとも気配りが利いておいでです。

    「日本(の持っているお金)には未来がある」けど「甘えを捨てずに社会人大学に行かない日本人には未来がない」という結論なんでしょうか。今の米国でこんなこと言えば即非難されそうですが、非難されない日本はまだ余裕がある「恵まれた国」なんでしょうかね。

  2. 元気に研究なさっているようですね。がんばって下さい。

    で、この人。端的に言えば無思慮なんでしょう。慶應もこんな人を特任教授に雇っていていいんでしょうか。勇んで社会人大学にやってきて、こんな教授の講義を受けても意味がないでしょう。

    大学に少しでも身を置けば、OECD の PISA の数値がどれだけ意味のないものか分りそうなものです。日本の数割の若者が年間に一冊も本を読まないという圧倒的な読書量の不足を無視して、読解力で優位に立つというのは、おかしいでしょう?コミュニケーション能力がないことの原因を読解力の不足に求めないのもよく分りません。

    忙しすぎて時間がないのかもしれません。企業の方だから素材はたくさん持っているのかもしれないけれども、それをゆっくり咀嚼する余裕がないんでしょう。文章はまったく非論理的だし、結論を導くための筋道はないし。何が言いたいのかさっぱりわからない内容にセンセーショナルなタイトルをつけてるだけですね。

    吾ながら口が悪い。。。

コメントは受け付けていません。