BibDesk での TeX preview 機能


また,BibDesk ネタです.

BibDesk では,幾つかの文献を選択すると,それの文献情報をまとめてリスト表示するプレビュー機能があります.プレビューのフォーマットとしては HTML 形式がデフォルトだったと思いますが,論文のタイトルに数式が含まれていたり,ラテンアルファベットでない人名の場合にはなんとなく表示してしまうために,BibTeX で正しく処理できるか否かの確認はきちんとできません.

このデフォルトの HTML を用いたプレビュー機能に替えて,TeX を用いたプレビューをすることもできます.裏で TeX が動くので動作が遅くなるのであまりお薦めしませんけれども,文献データベースの形式をまとめて検査するのには便利な機能です.ところが今まで,このあたりの設定をいじっていなかったために,肝心の非ラテン文字の扱いがうまくいかず,この機能を使ってはいませんでした.今日,なんとなく気が向いてこの設定をいじったところ,なんとか表示できるようになりましたので,ここに紹介します.

まずは,お使いの TeX システムが UTF-8 に対応しているか確認して下さい.対応していない場合には,bibtex ファイルで使ってりう UTF-8 の文字をすべて TeX コマンドで適切に置換する必要があります.

環境設定の「TeX preview」を開いて,

– 「Generate previews using TeX」を選択
– TeX Programs Location を適切に設定
– TeX template encoding に「Unicode (UTF-8)」を設定

以上です.

ちなみに私が使っている TeX システムは TeX Live 2011 に基づいた pLaTeX のディストリビューションです.たぶん,奥村先生の美文書に含まれている DVD からインストールしたのだと思いますが,ちょっと記憶が定かではありません.