Dash for {iOS,Mac}の画面同期


Dashを開きながら,Macで開発していて「画面がもうすこし広ければ」と思うことがしばしばあります.あるいは「ダイニングでWindowsを使いながら,DashのAPIマニュアルを使いたい」ということもあります.そんなところに,最近のDashのアップデートのなかのひとことがヒットしました.

New: iOS Remotes
Dash can now connect to Dash for iOS and display documentation pages on your iOS device. Keep your iPad or iPhone next to you while coding and use them as a second display just for docs.

「ん?Mac版のDashの画面をiOSに飛ばせる?」さっそくやってみなくちゃ.

iPad (iPhondeでも大丈夫)をMacと同じネットワークに繋いで,Mac版Dashの環境設定のRemoteを開くとすぐにiPadが認識されます.あとは,Mac版Dashがガイドしてくれるのでそのとおりに,iPad版のDashを操作し,パスコードを入力すればすぐに繋がります.

使い方は,Mac版での検索結果がiPadに提示されるので,それをブラウズしたり,iPadで検索をした結果がMac版に反映されたりという感じです.

注目すべきは,Mac版にははいっているけれど,iPadにはいれていないドキュメントも見られる点です.iOS版でサポートされていない Third-party sourcesUser contributedStack Overflow も見られるようになるので案外利便性が高いです.

Windowsのノートパソコンで開発しているときに,別室のMacでDashを起動しておけば,手元のiPadでドキュメントが見られるというのはとても便利だと思います.ノートパソコンだと,画面が狭い上に,Windows版Dashにまで投資してられませんから.