Mac で ISO イメージを焼く方法


壊れてしまった intel Compute Stick を復活させるためにUSBメモリを使ってブートディスクを作ろうとしています.手順はこの YouTube のビデオの通り.インド鈍りの英語が苦手な人は以下の手順でやって下さい.

  1. USBメモリを指す.(Kingston の32GBのメモリを使用)
  2. ターミナルで diskutil list コマンドにより,USBメモリのデバイス名を探す(私の場合は /dev/disk4 だった.パーティションのラベルで簡単に確認できた.)

  3. USBメモリを unmount.

    • diskutil unmount /dev/disk4,あるいは
  4. diskutil unmountDisk /dev/disk4

  5. dd コマンドを特権モードで動かして焼く

    sudo dd bs=1m if=$HOME/Downloads/***.iso of=/dev/rdisk4

    if= パラメタには,ISOファイルのパスを指定する.of= パラメタには,ディスク名を指定する.ここでは raw モードを指定する.raw モードの方が書き込みが速いんだそうだ.

    (わたしの場合)4分ほど待つと以下のような出力が得られた.これで書き込み完了.

    4334+1 records in
    4334+1 records out
    4545284096 bytes transferred in 221.019007 secs (20565128 bytes/sec)
    

  6. USBメモリを抜く前に,eject

    diskutil eject /dev/disk4

  7. USBメモリを抜く

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中